ダイビングスクールでCカードの取得

スキューバーダイビングのスキューバーとは自給式水中呼吸装置と訳されています。
スキューバーダイビングは職業で行われるほかに、一般人には水中を遊泳する海洋レジャースポーツを指します。
当初は水中作業や軍事目的にダイビング技術は開発されてきましたが、スキューバーダイビングの器材の進歩によって一般人にも身近なものなりました。
スキューバーダイビングの魅力は普段経験できない世界に身を置くことです。
かわいい魚や動物と遊べるし、宇宙遊泳のような浮遊感を長時間にわたり楽しめたり、個々にはさらに広がる体験をしているダイバーも多くいます。
さっそくスキューバーダイビングを始めようと思っても、具体的に何をしたらよいのかよく分かりません。
ひとつまちがえば危険な世界に踏み込んでしまうかもしれません。
そこで、安全にスキューバーダイビングを楽しむためには、知識とスキルを習得しなければなりません。
そのためにダイビングスクールがそれらの講習を用意しています。
まずは体験ダイビングから入門するのを勧められます。
経験豊富なインストラクターと一緒に潜り徐々に深さに慣れてゆきます。
個々の体力やレベルに合わせて指導してくれますので安心です。
本格的にスキューバーダイビングを始めようとする人にはCカードの取得を目指します。
Cカードとはダイビングの指導団体が発行する技能認定証です。
スキューバーダイビングに必要な知識とスキルがあることを示すことができます。
車の運転免許証のような法的な効力はありませんが、スキューバーダイビングに関するサービスを受けたりするさいにCカードの提示を求められることがあります。
事故にたいしてサービス提供者に責任が追求される可能性があるからです。
スキューバーダイビングを行うにはこのカードは必須です。
ただ、このカードを発行する指導団体は世界にたくさんあり規模や講習内容は様々です。
海外のスキューバーダイビングを考えているような人は、知名度の高い指導団体のCカードがベターです。
ライセンスにもいろいろ種類がありますが、レジャーとして取得するものとして、「オープンウォーター・ダイバー」があります。
ひとりで推進18メートルまで潜ることができます。
器材の購入やレンタルサービスを受けられます。
これは先ず最初にレジャーとして楽しむレベルのライセンスになります。

さらなるレベルアップを目指すなら、次は「アドバンス・オープンウォーター・ダイバー」ライセンスがあります。