競輪のレース展開を考えよう

「新聞の予想通りに買ったら半分は当る」競輪を始めたばかりの頃、あまり競輪に詳しくない親戚にそう言われました。
専門新聞を買い、その通りにやってみました。
日にもよるのでしょうが、3分の1当てるのがやっとでした。
競輪場に行く度に、購入する新聞を替えてみました。
専門新聞は500円と高いので、スポーツ新聞を持って行ったこともあります。
確かに半分くらい的中する日もありました。
でも、平均するとやはり3分の1くらいの的中率でした。
第一、新聞の予想は買い目が多すぎて、全て買っていたら赤字確定でしょう。
競輪は公営ギャンブルの中でも、的中させるのが最も難しいと言われたりします。
「玄人好み」という言葉もしばしば耳にします。
それにしても、プロの記者が予想しても、なかなか当らないのは何故なのかと思いました。
職場に競輪に詳しい人がいたと分かり、相談してみました。
「ラインとレース展開を読んでいないからだよ」その人はニコニコしながらそう言いました。
ラインはある程度理解していました。
しかし、言われてみると、あまりレース展開を考えていなかったことに思い当たりました。
「このチームは強そうだな」とか「この二つのチームの中の誰と誰は強そうだな」とは考えていました。
ですが、レース全体を通しての展開は予想していませんでした。
それからは、レース展開も予想し、実際にそうなるか検証してみました。
Aチームには先行の強い選手がいるから、他のチームより先行する。
そう予想してみても、本番のレースでは、Bチームの後ろに付いたりしました。
Aチームには差しの強い選手がいるから、後ろから行って差す!そう思っても、本番ではチーム自体が後続になってしまい、どうにもならないケースもありました。
展開を考えて観ていると、「仕掛け」を予想するのも大事だと実感しました。
競輪は最初から最後まで、全速力で走っている訳ではありません。
中盤まではラインを作り、互いに牽制しながら様子を伺っています。
ゴールまで1周半のポイントでジャン(打鐘)が鳴らされます。
それから仕掛けるパターンが多いので、漠然とそういうものだと思っていました。
ところが、丁寧に観戦していると、ジャンの大分前から抜いていくレースも多いことが分かりました。
そのままチーム全員が逃げ切ってしまうレースもあります。
早くに仕掛けたばかりに、体力が切れ、失速してしまうパターンもありました。
逆にジャンが鳴っても、直ぐにはレースが動かないこともありました。
残り4分の3周くらいから一気に加速し、捲ってしまう「短期決戦」みたいなレースもありました。
ラインと同時にレース展開も考えると、それまでよりも観戦が楽しくなりました。
稀にですが、予想通りの展開と着順になることもあり、この時は血が騒ぎます。
ビンゴ!と叫びたくなる感じです。
競輪初心者の方も、ぜひレース展開を考えてみてください。
他の競技と違い、チームと個人の戦いが並行して行われるため、予想するのが面白いです。
車券も前よりは当るようになりました。
でも、一日の半分を当てるのは、やはり難しいです。
なかなか予想通りにいかないのも、競輪の魅力ですね。

視察や送迎など、少ない時間でのチャーターの相談も受け付けることが出来ます。 料金の目安が記載されていて参考にできます。 お役立ち情報でお得な情報チェックして参考にすることが出来るという点。 当サイト「貸切バスの達人」は、お客様の安全・安心を第一とし、例えば法令違反のバスの運行を当たり前にお断りしています。 バス会社さんにとっては、ホームページから新規のお客様を見込むことができます。 貸切バス情報なら貸切バスの達人がおすすめです。